皆様こんにちは〜
建設課の加藤です。。

先日の躍進会での中村文昭さんの講演、自分的にかなりはまりました。

お話しの中にあったことと、自分の事とをリンクさせてしまう部分が多数ありましたが、その中でも中村さんのお子さんが小学3年生の時に「中学と高校はどうしても行かないといけないの?」と真剣な顔をして聞いてきたそうです。

「何で?」と聞くと、「お父さんと、その仲間の人達を見ていると凄く楽しそうだから、働く事ってそんなに楽しいことなんでしょ?だから早く働きに出たい(要旨)」
と言ったそうです。

ボクはびっくりしました。
その話の流れの中で、一般的な家庭ではお父さんが毎日お酒を飲みながら会社などの愚痴を家庭で言っているから、子供が大人になりたくないと考えている事が少なくないと言う話しもありました。

少なくとも、ボクは家でお酒を飲みながら子供や、妻に愚痴を言うことはありませんが、正直、休みの日は思いっきりスイッチオフモードで、疲れていますオーラを沢山放出しています。

ただでさえあんまり子供と過ごす時間がないのに、それではうちの子供にろくな影響及ぼさないなぁと凄く反省をしました。

前にテレビでベッキーが言っていました。
お仕事をさせてもらって、「忙しい」とか「疲れた」とかはお仕事に失礼だから私は言いませんし、そういうところは人に絶対見せません。って。

ボクも子供のために頑張ろうと思いました。

その時です。そういえば、ボク自身もうちが貧乏だったせいもあるのでしょうが、
早く働きたいなって子供の時に考えていたことを思い出しました。
たまに現場に連れて行ってもらって、働く親父の姿見てたりして格好いいなって思っていたことも思い出しました。親父が疲れた姿ってあまり見た記憶が無いことも思い出しました。

今度親父に会いに行って、久々に話ししたいと思いました。


なんかちょっといい話じゃないですか?うふっ