みなさまこんにちは、加藤です。

息子のラグビー春季大会が今月7日から始まり、毎週試合だったのですが、
先週28日で終わりました。

結果は7位です。


8チーム中で・・・。


4チームごとの2ブロックに分かれての総当たり戦のあと、
各ブロックの1位から4位で順位決定戦を行います。

息子のチームはブロックでは3戦全敗。

あまり、酷評はしないようにして、自信をなくさせないようにしてきたのですが、
21日の試合があまりにも酷かったので、

「おまえの責任を果たさないから、チームが負けたんだ」

と突きつけました。

自分でもわかっていた様子で、かなり凹んでいました。

「じゃあ、どうするか?」

試合のビデオを二人で確認し、反省会を行いました。

次の試合でのテーマを設けて、何をするのかを教えました。

凹んでいたお陰なのか、素直に聞いていました。

順位決定戦試合直前、息子から

「今日はポジショニングと、運動量で勝負だよね」

そう言ってきたので、

「そうだよ、ボールにばっかり行くんじゃなくて、後ろから見る事。
仲間を孤立させないように、しっかりサポートする事。あとはタックルだよ」

そう言ってグランドに送り出しました。

前半7対12で折り返し、後半22対14。
29対26でノーサイド!

3点差で勝利をもぎ取りました。


見事な試合運びでした。

自分の得意を活かして、よく走って、しっかりタックル決めていました。

試合中思わず涙が出てしまいました。

試合中から格好良かったですが、試合後の息子はやりきったとても素晴らしい
表情をしていました。

ラグビーを通じて、感じてもらいたい事、学んでもらいたい事が山ほどあります。

私自身、ラグビーを通じて今の考え方が構築されたと言っても過言ではないと
思います。

進路の話をすると、ラグビー続けるかわからないと言っているので、
寂しくも思いますが、何であれ、今を大切にしてもらいたいです。