WCT、さてこの略称が意味すること如何に。
World Championship Tourの略。これすなわち世界ツアーです。
何の世界戦かというとサーフィンです。
オーストラリアとかハワイとか世界の名だたるサーフポイントで熱い戦いが繰り広げられます。
バブリーな時代には日本でも宮崎プロと丸井プロの2戦が開催されていました。
さらにシーズン最終戦のハワイパイプラインマスターズは冠スポンサーが丸井でした。
当時、今のようにネットなんてありませんから雑誌やテレビ、ビデオテープなどありとあらゆる
手段を使って情報を集めたものです。
さて東京オリンピックの種目になったからか2016年のツアーがBSで放映されていました。
久しぶりに見てみたら、25年近く前に活躍した選手の息子が出場していたり、
当時のニューカマーがまだ現役だったり、更になんと去年のツアーでは
アメリカ在住の日本人サーファー五十嵐カノアが大活躍だったり驚きの連続。
最終戦のパイプラインマスターズではまさかのファイナル進出。
日本人がパイプマスターのファイナリストになるとは夢にも思わなかった。
今年のツアーも楽しみだし、オリンピックも是非観戦に行ってみたいです。
建設部 鈴木