家づくり相談室の池田です。

先月の北海道出張の時に、社長から薦めて頂いた本です。早速帰りの空港で1巻を購入して、機内で読み始めてから、読んで買ってを繰り返し、最終巻まで一気に読みきりました^ ^。

普段は小説をあまり読まないのですが、家族も驚くほど、貪る様に読んでいた様です。

大企業に勤める主人公が、あるきっかけを境に冷遇を受け、時に闘い、時に忍耐するストーリー。逆境の中で、組織を相手にどこまで自分を貫けるのか?読みながら、主人公の気持ちが折れてしまわないか、ドキドキしていました。

本編では、逆境の仕打ちは家族にも及ぶので、自分はここで折れちゃうなとか、貫き通したら格好良いけど、その代償は大きいなとか、色々考えてました。

著者の山崎豊子さんは、ドラマ化された『華麗なる一族』も手掛けられた方で、描写も細かく、とても読み応えがありました^ ^。

また何か読みたいです^ ^!!

image