真夏なら容赦なく照りつける太陽が未だ主役を譲らない夕刻、

サングラス越しに見る歪んだアスファルトが一層の暑さ疲弊感をたたみかける。

同じ時、冬至を過ぎた年末にもなれば並んだテールランプに暖かさすら感じて信号待ち。

並んだ車と通りすぎる人の背から年越しに向けての追い込みをひしひしと感じます。

ただ今年はそれほどの混雑は感じませんが何故でしょう。

それと異常に暖かくて冬らしさもないのでなんとなく年末という気もしません。

ですが明日28日はタマック恒例の仕事納め→忘年会。

嫌でも年末モードになることでしょう。

本年も大変お世話になりました。2016年、皆様にとって良い年になるよう祈っております。