みなさまこんにちは、建設の加藤です。

ラグビーファンならずも、今回のラグビーワールドカップの日本代表の戦いぶりに
興奮したのでは無いでしょうか?

初戦の南アフリカ戦!

序盤から魂のタックルと、自分達がやってきた4年間の自信に満ちあふれていました。
最後の最後まで攻め続けた日本代表の戦いに興奮し、涙とふるえが止まりませんでした。

日本人がどこの国にも負けない事は、ひたむきさ、文句を言わずに練習をする。

昔からそこだと思っていましたが、この4年間、ひたすら体力作りとハンドリングの練習を
し続けてきたのだと思います。外国人は後半バテるので、終始ボールをキープし攻め続け、
相手にラグビーをさせない時間帯を少しでもながくつくり、後半20分で勝負をかける。

正に南アフリカ戦ではここが発揮されていました。

スコットランド戦ではハンドリングのミスが目立ちました。
中3日の影響は大きいと思うので、とても残念です。

10.3 対サモアとの1戦が非常に楽しみです!