こんばんは、建設の石山です。

今日、2014年3月11日は、東北の大地震から
3年目になります。私たちは、ぜったいに
この日を忘れてはいけないと思います。
この3年間、東北の人々の底力をたくさんみてきました。
勇気を逆にいただいている気がしました。

3年前のこの日は、私はまだ、タマックには入社しておらず
サッシ屋の多摩トーヨー住器にいました。

その日は、サッシの搬入で会社の外に出ていて
急に車が揺れだしたので、慌てて、歩道に逃げました。

今、思えば、その時に何が正しい行動なのかは、
まったくわかりませんでした。

なんとなく、まわりの車の人も歩道に逃げているから
自分もつられて外に逃げた感じです。

人間の習性だとは思うのですが、まわりに流されてしまう傾向があると思います。

残念ながら、まだまだ自分もしっかりとした軸は持てていないので
日々、勉強中です。

この3年間、早かったのか、遅かったのかは、よく分かりませんが、
3年前よりも真剣に生きている気がします。

私たちは、生かされているので、東北の人たちに恥じないように
生きていかなければと、思います。

早く、東北にたくさんの笑顔が戻るよう、みんなで力を合わせて復興に協力していきたいです。