こんばんは。家づくり相談室の鎌田です。

実は先週の日曜日に、タマックでは大切なイベント『木工工作会』があるにも関わらず、
お休みをいただき、伊勢神宮へ行って参りました。

通常のお参りではなく、今年は『第62回式年遷宮』にあたる年で、
その行事のひとつである「お白石持ち」に、ご縁をいただき参加させていただけることになったので、
私の家族・両親・妹家族みんなで行ってまいりました。
0825 0040825 018








『式年遷宮(しきねんせんぐう)』とは、20年に一度、新御敷地(しんみしきち)に正殿を移動し
神様に新しい社に移っていただく1240年続いている日本古来の儀式です。
「お白石持ち」とは、宮川という川から採取してきた白い石を台車に載せて運び、
新御敷地に敷いていく行事です。この行事自体は五百数十年前からはじまったそうですが、
通常天皇陛下しか入れないところに入り、石を置いていくとあって、わくわくドキドキの瞬間でした。
0825 0190825 020








またそこまでの道のり1.4舛鯡800人で3時間半掛けて二本の縄を引っ張って石を運んでいくところは
一体感に溢れ、ひとつのことをみんなで成し遂げる作業ひとつひとつが、とても心が熱くなるシーンでした。
ちなみに私たちの班が第8班で、その日10班までありましたので、その日だけで8000人の人が白石を運んだことになります。
この果てしない作業を数週間に渉って行なっていますので、一体総勢何名になっているのは定かではありませんが、とにかく壮大なスケールであることは間違いありません。

せっかくお休みをいただき行って参りましたので、いろんなことを胸に巡らせお参りしてまいりました。
ありがとうございました。
0825 025