みなさまこんにちは建設課加藤です。

先日、甥が大学に入学しました。

レギュラーではない中で、3年生までサッカーを続け、

最後まで試合に出たいという気持ちで臨んで、

人一倍努力をしていたそうです。(母親からの話ですが)

結局最後の試合でもグランドに立つことは出来なかったそうですが、

チーム一丸となって、みんなで一緒に燃え尽きたそうです。

のほほ〜んとしている彼なのですが、

その根性たるや光るモノを持っています。

諦めない気持ちの強さに心を打たれました。

で、一般の受験生よりは遅い受験勉強

に入ったわけですが、もともと普段の勉強を

当然頑張っていたのだと思いますが、

第一志望の大学へ合格を果たしました。

大学へ行っていない私はには、わからない世界ですが、

とても難関の学校の様です。

大学に入るということはあくまで通過点ですが、

ここまでの彼の努力は一生宝になるのだと思います。

自分も近い将来、受験生の親となるのですしょうが、

姉夫婦のようにでっかい気持ちで迎えられるのか

今から少々不安です。