川崎市の工務店 タマックのブログ 『今日のタマック』

川崎市多摩区にある注文住宅専門の工務店『タマック』からお届けするお客様との心温まるプチ話、
日頃の取り組み、社内のイベントの模様。
タマックスタッフが徒然に更新しています。 タマックのHPはこちらまで→http://www.tamac-inc.co.jp/

2012年11月


 こんにちは総務小菅です。

 先ほど外出した際、登戸駅近くの酒屋さんの脇の

 【登戸地ビール】看板が目にとまり・・・

 全種類買ってしまいました。


 地ビール


  まだ仕事中なんで、お味の報告はまた次回!


 4種類あるうちの3つをのせましたが、

 もう1つのラベル名は

 【江戸前】

 なんでだろ〜〜
  







もうすぐ、クリスマスパーティーです。

師走のお忙しい時期ではありますが、沢山の方々にご参加頂きたいです。

お子様だけでなく、大人も楽しめるイベントもありますのでお楽しみに・・・

本来のクリスマスよりは大分早いですが、一足早いクリスマスを皆様と楽しくすごしたいと思います。


【韓国のサッカー雑誌での朴智星(パクチソン)のインタビューから一部抜粋】

若くて右も左もわからなくてとんがっている時に日本に来て、
最初は学校で習ったように
日本人
に対してのイメージは良くなかった。

でも日々暮らしているうちに全然違うと気づきまた。
特に日
本のクラブに来た日から毎日必ず声を掛
けてくれて、
悩んでいる時に相談を聞いてくれた
カズさんは人生の師です。
『カズさんのようになり
いです。』言った時に
カズさんが急に真顔に
なり
話してくれた言葉は自分の人生を変えるものでした。

「いいかい智星、自国以外でサッカー選手として生き残るのは本当に困難だ。
最後までサバイバ
ルする選手に一番必要なものは何かわかるかい?
技術じゃない、そのクラスの選手の技術はみんな
同じくらい高いからね。
一番大切な事は、サッカー
への情熱、一途の献身、
毎試合今日死んでも悔い
はないという思いで試合に望む、サッカーに人生を賭ける選手だ。」
「ブラジルでは貧しくて、ブラジル人なのに一生スタジ
アムに来れない人が沢山いるんだ。
ブラジル人にとっては悲劇だよ。」

「智星わかるかい?ブラジルで俺は試合前に必ずスタジアム全体を見る。
この中でいったい何人の人達
一生に一回だけの試合を見にきたんだろうと思うんだ。」
「すると全身にアドレナリンが溢れてきて喧嘩した直後みたいに身体が震えてきて
鼻の奥がツーン
としてくる、俺はそのまま試合開始のホイッスルが鳴るのを待つ
んだ」
「うまくは言えないけれどこれが俺のサッカー人生。

智星が本当にサッカーを愛しているならとことんまで愛してやれ。
智星のプレーで全然違う国の人々を熱
狂させてあげるんだよ。
それは本当に素晴らしい経
験なんだよ。」


なんていう、素晴らしい話なんでしょうか・・・。
さすがカズ・・、いろんな事を乗り越え、尚腐らずに一途に人生をサッカーに捧げている・・・。
スポーツだけじゃなく、自分もぜひそういった姿勢を見習いたいです。

パクチソンもちょっと見直しました・・・。



こんにちは、建設の石山です。

大好きな、ジャイアンツのタオルを鈴木さんから、いただきました。
DVC00018
来年の応援に使わせていただきます。

ちなみに、明日25日に、銀座でジャイアンツの優勝パレードがありますので
近くに行かれる方は、道路が通行止めになりますので、ご注意ください。

お世話になってる新聞屋さんが今度新しく牛乳配達を始めましたと営業に来ました。カタログでもくれるのかと思ったら石山が大好きなオレンジ色のタオルを1枚くれました。うーん・・・微妙。タオルは石山にあげます。

このページのトップヘ