【韓国のサッカー雑誌での朴智星(パクチソン)のインタビューから一部抜粋】

若くて右も左もわからなくてとんがっている時に日本に来て、
最初は学校で習ったように
日本人
に対してのイメージは良くなかった。

でも日々暮らしているうちに全然違うと気づきまた。
特に日
本のクラブに来た日から毎日必ず声を掛
けてくれて、
悩んでいる時に相談を聞いてくれた
カズさんは人生の師です。
『カズさんのようになり
いです。』言った時に
カズさんが急に真顔に
なり
話してくれた言葉は自分の人生を変えるものでした。

「いいかい智星、自国以外でサッカー選手として生き残るのは本当に困難だ。
最後までサバイバ
ルする選手に一番必要なものは何かわかるかい?
技術じゃない、そのクラスの選手の技術はみんな
同じくらい高いからね。
一番大切な事は、サッカー
への情熱、一途の献身、
毎試合今日死んでも悔い
はないという思いで試合に望む、サッカーに人生を賭ける選手だ。」
「ブラジルでは貧しくて、ブラジル人なのに一生スタジ
アムに来れない人が沢山いるんだ。
ブラジル人にとっては悲劇だよ。」

「智星わかるかい?ブラジルで俺は試合前に必ずスタジアム全体を見る。
この中でいったい何人の人達
一生に一回だけの試合を見にきたんだろうと思うんだ。」
「すると全身にアドレナリンが溢れてきて喧嘩した直後みたいに身体が震えてきて
鼻の奥がツーン
としてくる、俺はそのまま試合開始のホイッスルが鳴るのを待つ
んだ」
「うまくは言えないけれどこれが俺のサッカー人生。

智星が本当にサッカーを愛しているならとことんまで愛してやれ。
智星のプレーで全然違う国の人々を熱
狂させてあげるんだよ。
それは本当に素晴らしい経
験なんだよ。」


なんていう、素晴らしい話なんでしょうか・・・。
さすがカズ・・、いろんな事を乗り越え、尚腐らずに一途に人生をサッカーに捧げている・・・。
スポーツだけじゃなく、自分もぜひそういった姿勢を見習いたいです。

パクチソンもちょっと見直しました・・・。