66
建設関係の仕事で持たない人はいないでしょう。一般的にはメジャーと言われているこれ、私たちはスケールと呼びます。実は種類がいっぱいあって仕事の内容や好みによって合うモノをチョイスします。分かりやすいところですと幅と長さと目盛りの違い。多分19mm幅で5.5mが主流ではないかと。自分のは表面メートル読みのみですが尺読み兼用だったり両面に目盛り表記のものなどもあります。あとは様々で先が磁石になってるものなどもあります。自分が使っているのは25mm幅7.5mとナイロンコーティングされた19mm幅5.5mの2つで前者は地縄貼りのときだけ使います。地縄貼りは工事着工前に建物の配置を地面にビニールひもなどで位置出しすること。土で汚れてしまうのでこの作業専用という感じです。後者は雨に濡れても比較的安心なもの。前職から継続して使っているもので以前は外で使う機会が多々ありノーマルのスケールは雨で濡れると錆びて壊れやすくコイツを買いました。消耗品とはいえ、もうかれこれ10年以上使っているので愛着のある一品です。鈴木。