今でこそメートル単位が主流ではありますが基本的な規格は尺寸で考えられております。例えば住まいで言うと建具の高さは6尺≒1.8mです。と言いつつ最近の建具はほとんど2mですが・・・古い私の住まいは前者です。電車の扉も多分1.8mです。日本のモノは1.6〜1.7m前後くらいの身長に合わせているはずで加藤は羨ましく感じているようですがイレギュラーになると不便なことも多いです。私は身長185cmで足のサイズは29cmなので洋服や靴の類は気に入ったものでも在庫がなかったり規格品では合わないことがあります。特にセールなどではなおのことです。この前も気に入った手袋がありましたがLLでも小さくて買うことが出来ませんでした。布団も微妙に小さいし、まぁほとんど立ちませんがキッチンもそうだし洗面台も使いにくい。山で使う寝袋だってレギュラーサイズでは合いませんので割増のロングサイズを買う羽目になります。その昔、サーフィンをたしなんでいた頃も店置きの板やフルスーツでは合うのはない。仕事も足場の中は窮屈で仕方ないし・・・。と数えあげればきりがないのでこの辺で。隣の芝は青く見えるものですよ〜。建設部鈴木。