かつてバイクでツーリングの途中、ライダー同士ですれ違うときにピースサインで挨拶をする風習がありました。最近はほとんどそういうことはないですし、私はその世代からはちょっと外れています。ライダーの聖地北海道では今なお、この風習が残っていますので唯一経験した場所です。なぜ、こんな話をするかと言うと今朝、愛車のカブで通勤中に左前方から結構な勢いで歩道をこちらに向かってやってくるママチャリダー(見知らぬサラリーマン)が私に向かってピースサインをしてきたのです。まわりには他の車や人は居なかったので確実に自分に向けてのアピール?のようでしたが・・・。はて???一体なんだったんだろう。建設部鈴木。