昨日に引き続き、相談室の鎌田です。

以前このタマックブログの中で、「さち」という柴犬の話を書きました。


さち3


通る度に吠えていたワンちゃんが、知らず知らず私に懐いてきたというほのぼのする(笑)話ですが、

つい先日、その「さち」に私指を咬まれました(泣)・・・。


彼女は私を愛犬家住宅コーディネーターだとは、やはり気付いていなかったのでしょうか・・・。

(↑気付いてる分けないでしょ!)


それにしても未だに内出血が残る親指が、何故だかとても切なく見えてしまいます。


修行が足りんなあ・・・!