先日娘が足をケガしてしまい、しばらくの間ケンケンやおんぶで移動していました。骨に異常はないので歩いても大丈夫との事だったのですが、本人が甘えん坊の為、ケガした方の足を着くのが怖いらしく、ぜんぜん歩こうとしませんでした。
ケガをしてから一週間以上が過ぎても、なかなか歩こうとしないので、私も少し考えて、「今度のお父さんの休みにプリキュアの映画でも見に行こうかなー」と誘ってみたところ、「行きたい、行きたい」と喰いついてきたので、チャーンスという事で「でも歩けないと行けないよなー」と話しておきました。その時は「えー、どうかなー」とか言っていたのですが、帰ってみると「お父さーん、あるけたよー」と最近見せたことないような笑顔で向かえてくれました。子供ってほんとおもしろいですよね。そしてプリキュアにも脱帽といったところでしょうか。
知らない人の為に一応説明しておきますが、TVアニメのプリキュアは、昔からある戦隊物のように、どんどん新しいシリーズになっていくのですが、映画では全シリーズのプリキュアがオールスターという事で登場して、友情パワーで悪者をやっつけて、幸せゲットだよって感じの話です。そして今回の映画では、なんと17人ものプリキュア達が入り乱れてもう大変、あんた名前なんだっけって感じです。今後も増えていくのか知りませんが、最新のハートキャッチプリキュアの2人は絵のタッチが今までと全然違うと思っていたのに、映画で見たらそれほど気になりませんでした。
なんだか最近プリキュアやらポケモンに詳しくなってしまった小山でした。