相談室の小山です。
はじめて告白しますが・・・実は私、巻き爪です。
両足の親指が巻いてしまうので、爪を切るときはかなり気を使います。というのも、女性は別として普通は爪の白くなった部分ギリギリで切ると思いますが、そこまで切ってしまうと伸びてきたときに指の肉を挟んで「イター」となってしまうのです。想像しただけで痛いですよね。
しかーし、長年巻き爪と付き合っているので、あるとき予防方法に気がつきました。それは、常にある程度伸ばした状態にしておく事です。特に爪の端の部分が指よりも長く出ている状態にしておけば、肉を挟む事がないのです。ですので、爪を切るときは切り過ぎないように、慎重に慎重に爪切りの歯を入れるのです。
そこで悪夢の話なのですが、なるべく足の爪は切らないようにしているので、結構伸びてきて自分的にも気になってくる時期があります。でももう少しだけと、切るのを先送りにしていたところ、昨夜爪を切る夢を見てしまったのです。しかも、そーっと切ったはずなのに、ったらはずなのに、パチンと一回切ったら爪の透明な部分の半分くらいまで深爪しちゃったんです。「ひゃーーーーー
朝起きて、まずは爪が無事なことを確認しつつ、伸びすぎてしまった爪を大事に切った今日の出来事でした。