皆様今晩は建設課の加藤です。

昨日の出来事です。
最近府中市のお客様から、「平成22年2月22日からダストボックスが無くなるという話しから、今後はいつでも捨てられなくなるから生ゴミ処理機でも買おうかしら。」という話しを聞いたので、うちの嫁さんに「府中もダストボックス無くなるんだって、だから生ゴミを家にストックしなきゃだから、生ゴミ処理機の購入を検討されてるんだって。」
的な話しをしたら、嫁さんがふと
「家に置かなきゃなんないっていっても2日に1回は迎えに来てくれるからねぇ。」
っと。「迎えに?」と一瞬耳を疑いましたが、確かにそう言っていました。
頭の中をぐるぐるといろんな考えが一瞬に駆けめぐりました。
そうか!生ゴミは基本的に命を頂いたものの残りなんだ!
だから、嫁さんはその命に敬意をはらって「迎えに」という表現を使ったのか!と結論付け、嫁に対してこいつ大したもんだなと思っていた次の瞬間
嫁がクスクスと笑い出しました。ただの言い間違いだそうで・・・。

とまぁつまらない話しは置いといて、


今日は横浜市緑区のK様のお引渡しがありました。

私は飛び入りで参加させて頂いたのですが、非常に嬉しいお引渡しでした。K様のお人柄に少しでもふれられたこと、建設担当の鈴木が、K様のお宅は提案も快く受け入れて下さり、本当に楽しく、自分の家を建てているような感覚で進める事ができ、非常に楽しくさせて頂きました(主旨)。
と言っており、聞いていた私も、本当にタマックのスタッフと、K様が深い絆で結ばれ、お互いを理解し、尊重し合いできあがった建物なんじゃないかなぁと感じ、とっても嬉しい気持ちになりました。

K様を始め、関わった全ての皆さんありがとうございました。